いつも+2

「明日もいい日にしてみせますよ。ではまたね。」(blog-風景と情景-より)

あの戦争は・・岸 信介 元首相インタビュー

逸見政孝氏が、岸元首相へのインタビューで鋭い質問をして下さっていました。

岸首相が「大平洋戦争は侵略だった」と明言している。他国がしていたら、自分もして当然と正当化しただけで、ハイ終わり。戦争はしても、自国の力とバランスを見ながら行った国は、日本のように一億玉砕なんて言わないし、特攻なんて事もしない。新型爆弾を積んだ飛行機が広島に飛来しているのを知っていて、空襲警報も出さないなんて謎な事はしない。冷静に考えている。

当時の世界情勢からそういう行動に出た?日本領土に他国が侵略してくるような可能性はなかったはず。また大国願望は日本の器に合わなかったし、人類全体としても、他国を植民地化する事は間違った事だったと認めて、以後どうやったら、人類が収奪の連鎖を終えることができるかと考えないといけない。近隣国にも国内にも、深く謝罪すべき甚大な被害をもたらしているのに、全く反省していない。。

これは一部だけで、しかもアナウンサーの言葉がかぶって聞きにくて残念。TV局のマスターテープから、できるだけ長く前後の話を聞きたい。

最近は侵略ではなかったなんて、話をすり替えたりする人まであるから、それよりは正直でマシだが、まるっきり反省がない。それは「悪いことをした」という反省ではなくても良い。意図は真面目だったが、条件が整わないのに強行して、結果的に多大な損害を現地にも国内にも与えた。その事は申し訳なかったと、戦争の犠牲者に言ってあげて欲しい。
また、岸が一番のワルだと言われる小澤俊夫氏の言葉は忘れてはならないと思う。この話から、円満に共存しようとしていた日本人もいたのに、日本軍が無視して強硬策をとったのもわかる。勝手な思い上がりで、自国の他の人の努力をも叩き潰す、今の政権も同じ。

www.nikkan-gendai.com